2020年に大きく変わる!今後TOEICの重要性が確実に上がる理由とは

実際に私立中学校の授業見学会でびっくりの連続でした。先読みしている学校はたくさんあります。

2020年に大学入試が変わるということで、一部報道でも流れていたり、通塾されている現在中学生や小学生高学年のお子さんをお持ちをお母さん方は、ご存知かもしれませんが、センター入試試験そのものが廃止されるということになっています。

教育機関の試験方式が変わる

学校の試験の様式変更によりTOEICが重要視される

 

その前に、高校でトライアルテスト的なものを受けて、その点数で判定となりますが、英語に関しては、外部の英語検定のスコアを採用するという方式へと切り替わります。

まず、英検と思われる方も多いかもしれません。しかし、英検でも1級でないと認めないと考えている大学がほとんどで、もしくは英検のスコアは採用しないとされています。

というのは、文部科学省が考えているのは、今までは、「書く」「聞く」「読む」の3要素のみで、「話す」の要素はほったらかしにしていました。
しかし、今の世界情勢は、日本は他の国々での英語教育については、非常に熱心さが低く、「自分なりの意見を英語で話す」ということができないことが、世界の統計データで分かり、今までの教育方針を転換しなければ、世界に通用しないとわかりました。

今後のTOEICの重要性

今後のTOEICの重要性

そこで、文部科学省や各大学は、「書く」「聞く」「読む」「話す」の4要素を網羅しているテストとして、
TOEICとTOEFL-iBTを有力視するようにしています。どの大学がどのテストで判定するかはわかりません。しかし、先に書きましたTOEICやTOEFL-iBTは、間違いなく採用されます。

「話す」というより、問題を聞いた上で、自分が問題から聞きだした内容から、自分なりの回答を書かなければならない、もしくは話さなければならないということで、重要視していて、先読みしている私立中学校は大手英会話学校とタッグを組んで、
ネイティブスピーカーとのやりとりを多く授業に取り入れたり、熱心なお母さんは、レベルの高い英会話教室に既に入れて、TOEICやTOEFL-iBTを受験させています。

TOEIC?TOEFL-iBt?どちらににターゲットを定めるか

TOEICにターゲットを定めるかTOEFL-iBtにターゲットを定めるかは、まだ全容が明らかにされていない部分もあるので、決めかねるところではあります。
しかし、両方受験しておけば、どちらでも対応ができるということもできますし、双方のスコアUPにもつながるとも言えます。

受験では、やはりTOEFL-iBTが優先されますが、いざ企業に就職では、TOEICのスコアが重視されるので、どちらも受験して、どんどんスコアをUPしておくと、特に就職なら、TOEICスコアは980点以上を求められるケースが多いので、普段から積極的にネットでの語学交換のプログラム、学校からの留学制度活用など英語を使う機会を増やしてやるといいです。

ところが、勉強してみたはいいもののなかなかスコアUPにつながらない悩みを抱えている方が多いのも現実です。

そこで、今回はTOEICの効果的なスコアUP方法について2つの方法を紹介していきます。

何が苦手であるのかを知る

TOEICは大まかにリーディングとリスニングで別れていますよね。まずは一度試験を受けてみて、スコア結果を見てみてください。どちらかが極端に悪くなってはいませんか?
リスニングが低くて困っているのであれば、それは改善の余地があります。リスニングは比較的短期間でスコアUPが望める分野だからです。
まずは市販の問題集に付属でついているCDを徹底的に聴きましょう。英語の耳慣れをすることで、早い会話についていける力が身につきます。
リスニングが苦手な方でも300近くのスコアまで伸ばすことができますよ

ビジネス英語を優先する

TOEICはビジネス英語を磨くのに最適

TOEICはビジネス会話で使われる英語を中心にしたテストです。社会では最低限の英語ができる人材を求めているということですよね。
そこで、中学や高校で学んできた基本的な英語に加え、ビジネス英語を勉強することになります。
後者の出題頻度が高いので、まずはこちらを優先的に覚えていってください。そして、隙間時間を見つけて馴染みのある英単語も覚えていく作業をしましょう。

英語に慣れ親しむには、英語を聞き流すことから

まず、英語に慣れ親しむには、英語を聞き流すことからでした。

その一つとして、「NHK WORLD NEWS」を録画して、毎日聞き流すことでした。NHKのBS-1で放送されているのをひたすら聞き流すのと同時に、聞き取れた単語は書きだして意味を調べるようにし、翻訳しました。結局その日のニュースは何を言っていたのかを、その日に放送があった、NHKニュースもしくは新聞で確認して、変な日本語訳になっていないかをチェックして、間違えていれば訂正したり、自分なら英語で表現するならこうする等の
書きだしもしました。その後、初めてTOEICを受験して、800点でした。

ネットを通じて英語力を磨く

TOEICね勉強方法は英語を教えてくれるパートナーを探す

そして、インターネットを通じての多国語の言語交換プログラムサイトで英語を教えてくれるパートナーを探し、逆にそのパートナーは日本語を覚えたいので、お互いの母国語を教えあうというサイトで、英語力を磨きました。
なるべく相手には英語でしゃべってもらい、私は、英語と日本語とを使い分けるようにしました。
そして、最近受験したのですが、結婚して子育てをしながらでも、ずっと英語を使い続けていたので、前回のスコアより上がって900点でした。
あまり翻訳などには向かないスコアで、もう英語での仕事をする機会もないので、今後の受験はしないつもりですが、私のスコアが上がった理由としては、

  1. TOEFLを受験したことがあるという土台があったこと
  2. 参考書とは使わず、手軽に利用できるもの(英語放送の聞き取りなど)で耳と手で英語を覚えた

ということが挙げられます。

コツを書いている参考書もありますが、やはりTOEICスコアにこだわらずに自分で手軽にできる英語の土台を作る事が大切だと言えるでしょう。

 

関連記事

英語の基本的な学習方法!TOEICのスコアが上がらない人の対策案

英会話スクールに通う人を負かしたTOEICのスコアアップ勉強法

英会話スクールに通う人を負かしたTOEICのスコアアップ勉強法

誰でも即効でTOEICスコアUPできる6つのコツ

お金も時間もかけずにTOEICのスコアを伸ばす方法!これで私は700点突破した!

2か月でTOEICのスコアを上げる方法

英語が苦手なアラフォーOLが2ヶ月でTOEICスコアを200点アップした方法

TOEICを短期間で着実にスコアアップに導くための3つの方法とは?